たるんだ皮膚を引き締める方法

このブログは本気でたるんだ皮膚を引き締めたい人専用となります。皮膚はすぐに縮まないので、一度たるんでしまうとすぐに元に戻るようなことはありません。元に戻すには半年程度かかることも多いです。

短期間でそれも簡単に皮膚を元に戻したいと夢を見ているのであれば、このサイトを読んでも全くためにならないはずです。そうではなく、本気でどうにしたいと考える人はこのままご覧ください。

まずは改善する原理をするためにも原因を把握しなければなりません。ただ、原因をつきつめても改善がされる訳ではないのでさらっと説明致しますのでなんとなく理解して貰えればと思います。

原理としては妊婦さんなどにおこる妊娠線や肉割れの反対となります。

ダイエットをして序所に脂肪を燃焼させて痩せていくのであれば皮膚や皮も少しづつ小さくなってきます。しかし、急激に痩せることによって皮下脂肪の中にある脂肪は燃焼されて痩せるものの皮はそんなに早く伸びたり小さくなったりはしません。

そのため、皮だけが余ってしまい特に肉がつきやすいお腹などがビロビロとなってしまうのですね。逆に太ったことによって皮が大きくなるスピードについていけずに切れてしまうのが肉割れや妊娠線と呼ばれるのです。

肉割れと妊娠線は他にもストレッチマークや脂肪線などと色々な呼び名がありますが、全て同じ肌トラブルとなります。妊娠した人は肉割れ用のクリームをつけるのですが、出産後にも使い続ける理由は皮膚がたるむのを防ぐためなのですね。

皮膚のたるみを引き締める方法

たるんでしまった皮膚を引き締めるためにはいくつか方法があります。

  • 切除手術をする
  • マッサージをする
  • マタニティクリームによるケアを行う

費用は100万とかかることもあり、とても高額な方法となるのですが、美容整形外科などで行われる切除による手術もひとつの手です。メスを使って余っている皮を切り除いてしまう方法です。

ただ、皮膚にメスを入れて切りとりますので体への負担も大きく、リスクや傷跡が残ってしまうのが難点ではあります。

2つ目の方法がマッサージをすることによって血行を促進させ、新陳代謝を活発にします。新陳代謝を活発にすることでからだ全体の皮膚に必用な栄養素が送られるようになり、皮膚の機能が働き改善効果が生まれます。

3つ目の方法がマタニティクリームを使うことです。別名肉割れクリームや妊娠線クリームとも言われるのですが、肉割れを消したい人と予防用のクリームと2種類あります。たるんだ皮膚を引き締めるのであれば大事となるのは保湿効果と引き締め成分が配合されているかの2点です。

保湿をすることで肌を健康な状態にすることで皮膚の弾力性やみずみずしさがあらわれ正常な肌の状態へと改善することができます。もう一つが引き締め成分なのですが、これは説明しなくても分かるとおり皮膚を引き締める効果のある成分です。

葉酸(ようさん)などが当てはまります。

マッサージとマタニティクリームによるケアは基本的にセットで一つと考えた方がいいです。素肌にマッサージするようなのではなく、クリームを塗りながらマッサージをすることとなります。

皮膚を引き締めるクリームがおすすめ

手術に関しては高額な費用もかかるってのもありますが、傷跡やからだの負担が大きいのであまりおすすめすることはできないです。美容のトラブルとなると簡易的な手術かなと想像される人が多いですが、全く違います。

たるんでしまっている皮を切り取ってしまうわけなのでかなり大掛かりな手術となるのですね。

そのため、費用も高くなるのです。脂肪吸引やレーザーでも治ると勘違いする人もいますが、たるんだ皮膚の改善であれば切除手術となります。

その点、クリームであればからだへの負担がありません。

とくに皮膚がたるむほどの急激なダイエットとなると肉割れができている人も多いので、一石二鳥で皮膚トラブルの改善を行うことができます。

また、クリームを塗ることは美肌への効果もあるのでリスクどころかメリットでしかないのですね。ただひとつだけデメリットもあります。

それが改善するまでに時間がかかるってことです。

クリームで治すまでの期間

人によって肌の状態や体質も違うので明確な期間はありません。ただ、1ヶ月や2ヶ月で元に戻るようなことはないと考えた方がいいです。

そうならないためにも、妊婦さんたちも妊娠6ヶ月程度から出産してしばらくの間はマタニティクリームを使うのは当たり前になりつつあります。一昔前であればパソコンが復旧していないこともありボディクリームによるケアを行っていない人も多かったのですが、最近はほとんどの人が利用しています。

冒頭でも書きましたが、6ヶ月はかかると考えていた方がいいです。人によっては更にかかることもあります。とてもじゃないですが、すぐに改善できるなんて夢の方法はないのです。

使うクリームに関してはきちんと引き締め成分が配合されているのを使用した方がいいです。薬局やドラッグストアの店舗によっては2000円程度でも販売されていたりすることもあるのですが、基本的には保湿成分となります。

肌の保湿をすることで肉割れが起きないようにしているのですね。しかし、たるんだ皮膚を引き締めるのであれば、きちんと引き締め成分などが配合されているようなある程度、高いものを利用した方がいいです。

安いからと半年利用したにもかかわらず全く効き目がない。じゃあ、きちんとしたクリームに変えようと思っても更に半年かかってしまい、無駄な出費をしてしまうどころか時間がかかってしまいます。

おすすめの肉割れクリーム

たるんだ皮膚を引き締めるのにおすすめの肉割れクリームであればベルタマザークリームです。妊娠線予防クリームとして販売がされているのですが、引き締め成分である葉酸が配合されています。もちろん、保湿成分に関しても配合されています。

ベルタマザークリームは妊婦さんの間で妊娠線予防として非常に人気があるクリームです。それだけ効果があらわれている人も多く評判がいいのですね。

定価が6980円なのですが、毎月自動で送られてくる定期便を利用することで初回500円の2回目以降も4980円での価格で販売されており、送料に関しても無料となります。

確か定期購入の期間は6ヶ月程度だったと思うので試してみるには丁度いい期間だと思います。詳しくは肉割れクリームを実際に使い比べた人のサイトがあるのでそちらをご覧いただければと思います。

人気の3つのクリームを使い比べて紹介しているので分かりやすいかと思います。

肉割れクリームランキング【実際に使い比べ】

ランキングを参考にして肉割れクリームを決める

肉割れクリームは種類は様々ありますが、実際に使ってみると効き目が今いちないと評判の悪いのもあります。

上記サイトの肉割れクリームランキングで紹介されているようなのであれば、正直、どれを使っても間違いではないはずです。

クリームを選ぶポイントとしては評判の良いのを利用する!!

人によって肌質も違うので全ての人に効き目があるような魔法のクリームはありません。それであれば、できるだけ多くの人が効果を感じているようなのを利用すれば、満足できる可能性は多いはずです。

他に使って効き目がでている人がいる訳ですからね。

全く効き目がないのを選らんで後悔したくないって人であれば、無難に利用者の一番多い肉割れクリームを選ぶのがおすすめです。

ダイエットしてできたお腹のたるんだ皮が戻したい時の対策

ダイエットをするときに一番気おつけなければならないのが皮膚の皮のたるみです。

脂肪が減ったことによってお腹周りは小さくなるにもかかわらず、たるんだ皮がビロンビロンになってしまい、非常にだらしない体系に見えてしまいます。たとえ、脂肪は少なかろうが・・・。

皮がたるまないようにするためには肉割れ用などのボディクリームを使って少しづつ痩せていくことで予防を行えるのですが、すでにもうたるんだしまった人も多いはずです。

せっかく痩せたのだからきれいなボディラインに戻したいと思ったときにどんな対策をすればいいのかを紹介していきます。もうすでに皮がたるんでしまった人はご覧ください。

たるんだ皮を戻す対策

脂肪が減ったことでたるんだのですから太ることで元に戻すことはできます。しかし、そんなことは論外なので省いて紹介していきます。

最も有効的な方法としては引き締める成分などが配合したクリームを使って毎日ケアを行うことです。主に肉割れ用クリームや妊娠線用クリームとして通販などで販売がされています。肌の組織を引き締め成分や保湿成分などなどの美容成分をつけることで正常な皮膚の状態に戻すことができます。

もちろん、1ヶ月、2ヶ月で元に戻る夢の方法なんてことではありません。最低でも半年ぐらい毎日ケアを行うことでだんだんと効果があらわれてくるのです。

市販のクリームを使う人も多いですが、多くが保湿成分のみの配合となるのであまり効果を感じていない人も多いので注意が必要です。クリームを使うことではなくて、引き締める効果のある成分が配合されているかが重要となります。

次の対策としてはマッサージをすることです。

マッサージを行うことで新陳代謝を上げ、血行の流れをよくすることができます。肌に必用な成分が正常に体内を循環するようにすることでクリームと同様に肌の状態を正常に戻す効果を促します。

指圧マッサージではなく、手で円を描くように触るマッサージとなるのでクリームをつけて行うのが一般的です。何もつけずに行っても上手くお腹の皮膚上を上手く滑ったりしないので効果が薄まってしまいます。

顔のたるみから考える

顔の皮膚がたるんできたとしたならほとんどの人が美顔ローラーなどを使うようにしましょう。美顔ローラーを使ってマッサージをすることで新陳代謝を上げているのですね。

皮のたるみは少し顔のたるみなどと違い皮がビロンビロンとなっている状況なので少し変わってきますが、大きく変わりはありません。そのため、マッサージを行った対策は非常に有効となるのですね。

あくまでたとえとして美顔ローラーを出しましたが、ダイエットたるんだ皮に使う必要は全くないです。用いるクリームの成分なども異なってきますからね。

たるんだ皮は遠めで見ても非常にだらしないです。きちんとクリームを使って対策をしましょう。

産後のたるんだ皮膚の戻し方

皮膚がたるむタイミングとして圧倒的に多いのが出産後です。

妊娠中は胎児がお腹にいることでお腹が急激に膨らみます。皮下脂肪がついて膨らんだり、内臓が大きくなって膨らんでいる訳ではないので、出産を行えば当然、お腹は元のサイズに戻ろうとします。

しかし、皮膚の皮はそんなに早く小さくはならないので、皮下脂肪に対して余っている皮のサイズが大きければたるみとなって残ってしまうのですね。人によっては3段腹、4段腹のように太ってしまうように見えてしまいます。

では、このたるみを戻そうとすればどういった方法があるのでしょうか!?

基本的には妊娠線クリームを使い続けるのが一般的です。最近はほとんどの人が妊娠をすると妊娠線ができないようにマタニティクリームを使ってケアを行っています。このマタニティクリームには皮膚を引き締める役立ちをする成分が配合されているので、そのまま使い続ければいいのですね。

もしも、妊娠線ができているのであれば、それのケアとしても有効となるのでひとつで二役を行ってくるのです。

大抵の人は出産がから半年近くの間はクリームを使い続けます。ただ、この期間に関しては人にもよって異なってくるのでお腹がへこんで元の体系に戻ったときにたるみがないかで判断をすることが重要です。

産後はからだを動かしていないので急激な運動をすることもできません。筋力トレーニングなどを行って皮膚を引き締めるなんてのも無理があるのですね。

それどころか赤ちゃんの面倒で付きっきりとなってしまうのでとてもじゃないですが、運動するような自分の時間を作るなんてことはできないのです。クリームを使ったケアであれば自宅で行うことができますし、外出する必要もなければ、時間がかかるなんてこともありません。

子育てをしながら皮膚のたるみを改善することができるのです。

もう一つの方法としては手術がありますが、出産で疲労したからだにはリスクが高いですし、費用も100万円以上するのでとてもじゃないですが、行えない人がほとんどでしょう。入院を1週間ほどする必用もありますからね。

産後に皮膚のたるみを改善したいのであれば、マタニティクリームを使ってケアを行うといいですよ。

自然と元に戻る?

産後は体重も元に戻り、体系もだんだんと妊娠前の体つきへと戻ります。そのためかたるんだ皮膚が自然に元に戻ると勘違いする人もいますが、それは間違えとなります。

少しは改善はされますが、きれいな状態まで自然と元に戻ることはありません。きちんとケアをしなければならないのですね。

産後1ヶ月程度もたてばある程度妊娠前の体系に戻っていると思いますが、その時点でたるみがあるのならケアを行わなければ自然治癒が行われるなんてことはないのですね。

年を取れば取るほどだんだんと美容トラブルを改善するのは時間がかかるので、できるだけ早くにクリームを使ってケアを行うことをおすすめします。子供が大きくなって落ち着いてからなんて考えていると改善するのが大変となる可能性もあるので注意しましょう。

皮膚がたるんでるけどダイエットしてまだ痩せたいなら

皮膚がたるんでるけど、まだ希望の体重にはなっていなくてダイエットをしようと考えているなら注意が必用でず。

ダイエットによって皮膚がたるんだのが随分前であれば問題ないのですが、ダイエットを継続している途中でたるみが出てきているのが気になっているのであれば、気おつけなければどんどんたるみ具合もひどくなります。

皮膚がたるんでしまう原因は脂肪の燃焼する速度に皮が小さくなる速度が追いついていないためです。ウエストや太股などの脂肪が燃焼されれば痩せることでへっこみますが、もともとの皮のサイズが大きくなってしまっているので、小さくなるスピードにおいつけずに余った皮が残ってしまうのですね。

その状況で更にダイエットをして脂肪を燃焼させてしまうとどんどんたるみがでてきてしまうのです。

そのため、まずは一時休憩を行った方がいいです。肉割れ用のマタニティクリームを使って皮膚のたるみを改善することを先に行いましょう。せっかく痩せても見た目が変になってはしょうがないので我慢が必要となります。

たるみ予防を行いながらダイエット

マタニティクリームを使ってケアをしていけばだんだんと改善がされていくはずです。そこから更に痩せたいのであれば、ダイエットを再開することになるのですが、その際にもクリームを使いながら行った方がいいです。

マタニティクリームには保湿成分と引き締め成分などが配合されています。それは妊娠線を防ぐとともに出産後にたるみを予防するために配合がされています。

保湿をすることで肌に必用な栄養素がきちんと行われるようになり、弾力がうまれみずみずしい肌となります。また、引き締め効果で痩せてもたるまないような予防効果へとつながるのですね。

肉割れ用のクリームの中にはこれからダイエットを行う人のために脂肪を燃焼するのを役立てる成分が配合されていたりするのもあります。

そういったクリームを使うことで予防を行いつつ、ダイエットの手助けもしてくれるのです。

ダイエット中の人におすすめのクリーム

ダイエット中の人であればプリモと呼ばれるクリームが人気です。

プリモは脱毛サロンが監修して作られたクリームなのですが。脂肪を燃焼する効果がある成分が一緒に配合されています。また、保湿成分などに関してもしっかりと含まれています。

通販限定での商品となるのですが、定期購入をすることで価格も安くなっており、毎月、自動で送られてくるようになるので購入する手間もかかりません。過去に定期購入であれば初回100円での販売もされていました。

継続購入期間としては6ヶ月程度となるのですが、ダイエットをするのであれば、これぐらいの長期的期間を行わなければたるみなど不具合が正直しまいます。具体的にリバウンドであったり、肉割れ、体を壊すなどがあげられます。

得にたるみなどの場合はダイエットした後に後悔してもどうしようもないので、そうならないためにもじっくりと時間をかけて脂肪を燃焼していくようにしましょう。

たるんだ皮膚の切除費用と入院期間

ダイエットをしたことでたるんだ皮膚を改善する方法のひとつで、美容クリニックで切除してしまう手術があります。

大掛かりな手術となるので、費用も高くなり入院をする必用がでてきます。

  • どれぐらいの費用がかかるのか?
  • どれぐらいの入院期間が必要か?
  • 切除はどんな感じに行われるのか?

など詳細をご紹介していきます。

たるんだ皮膚の切除費用

結論から先に言いますと、手術費用としては100万円から150万円程度かかることが多いです。但し、からだの部位などにもよって金額は異なってきます。

ダイエットしたことによる皮膚のたるみであればお腹にあらわれることが多いです。その金額がおおむね100万円以上からとなるのですが、腕やまぶたなどといったたるみであれば、お腹に比べ切除する部分が小さいので30万円程度で納まることも多いです。

この手術費用に関しては手術後の入院代も含めているクリニックもあれば、別途必用となる場所もあるので事前に確認をする必用があります。

入院期間

手術後に関しては入院を行う必要があります。期間としては大体1週間程度になることが多いです。

傷跡に関しては半年程度は赤くなっている状態で少し目立つ感じにはなります。1年ぐらいをかけてだんだんと色が白くなってくるので目立たないようにはなってきますが、お腹を切り開いているので間違いなく傷跡としては残ることになります。

できるだけ医者も水着などを着た際に傷跡が隠れるような位置で切除をするように考えてくれることがほとんどですが、限度があるので多少は見える位置になってしまうのはしょうがないです。

切除はどんな感じに行われるのか?

美容クリニックでの手術となるとレーザーなどのような簡易的なものを想像する人もいますが、全く異なります。まさに手術と呼ぶにふさわしい感じで、切除というようにメスや大型のはさみを使ってたるんだ皮膚を切り取ってしまいます。

そのため、お腹であれば内科手術などと同じようにメスなどで切り開きます。

更にはさみなどを使って皮膚を取り除いていくことになり、麻酔をして行われます。TVドラマなどにでてくる医者の番組などで手術質でお腹を切り取ったりしているのをイメージしていただければと思います。

完全に皮下組織まで丸見えになるほど肉を切り取ってしまうので素人が手術の風景を見れば吐き気を及ぼすほどの大掛かりなものであると考えた方がいいです。気になる人がいれば「たるんだ皮膚 切除」とYAHOOまたはgoogleで検索を行い、画像と書かれた部分があるのでクリックすれば実際の画像がでてきます。

但し、そういったのが苦手な人はくれぐれも見ないほうがいいです。

傷跡が残らない方法がおすすめ

個人的には費用が高額でもありますし、傷跡が残ってしまったり、からだへの負担もあることから手術を行うことはおすすめはできません。

お腹を開くわけなので、必ずしも成功するわけではなく少なからずリスクなども伴います。それであれば、リスクなく傷跡が残らない方法を行った方がいいのではないかと思います。

他の方法としては肉割れ用のボディクリームを使って毎日ケアを行うことです。引き締める成分と保湿成分が配合されたクリームを毎日付けてお肌の手入れをすることでだんだんと改善がされるようになってきます。

デメリットとしては時間がかかることです。

1ヶ月、2ヶ月程度でたるんだ皮膚が元に戻るなんてことはなく、半年はまず我慢しなければなりません。たまにわたしはすぐにクリームをつけたら元通りになりましたなんて書かれている口コミを見かけたりするのですが、まずそんなことないと思った方がいいです。

特に皮膚のたるみとなると皮がべろんとなってしまっているのですぐに小さくなって丁度いいサイズまで戻るなんてことは考えられないです。少なくとも6ヶ月はかかるのを我慢しなければならないのですが、他に方法となると手術となってしまうのですね。

手術だと皮膚のたるみを切り除いてしまえばたるみはなくなりますが、手術後が目立つので結局、状況は大きく変わりません。時間をかけてだんだんと傷跡が白くなって目立たなくなるまでには1年ほどかかります。

どちらにせよ満足いく状態に戻すまでに時間がかかるのであれば肉割れ用クリームを使って毎日のスキンケアを行うほうがリスクもなく、費用もかからずに行えるのでおすすめです。