たるんだ皮膚を引き締める方法

このブログは本気でたるんだ皮膚を引き締めたい人専用となります。皮膚はすぐに縮まないので、一度たるんでしまうとすぐに元に戻るようなことはありません。元に戻すには半年程度かかることも多いです。

短期間でそれも簡単に皮膚を元に戻したいと夢を見ているのであれば、このサイトを読んでも全くためにならないはずです。そうではなく、本気でどうにしたいと考える人はこのままご覧ください。

まずは改善する原理をするためにも原因を把握しなければなりません。ただ、原因をつきつめても改善がされる訳ではないのでさらっと説明致しますのでなんとなく理解して貰えればと思います。

原理としては妊婦さんなどにおこる妊娠線や肉割れの反対となります。

ダイエットをして序所に脂肪を燃焼させて痩せていくのであれば皮膚や皮も少しづつ小さくなってきます。しかし、急激に痩せることによって皮下脂肪の中にある脂肪は燃焼されて痩せるものの皮はそんなに早く伸びたり小さくなったりはしません。

そのため、皮だけが余ってしまい特に肉がつきやすいお腹などがビロビロとなってしまうのですね。逆に太ったことによって皮が大きくなるスピードについていけずに切れてしまうのが肉割れや妊娠線と呼ばれるのです。

肉割れと妊娠線は他にもストレッチマークや脂肪線などと色々な呼び名がありますが、全て同じ肌トラブルとなります。妊娠した人は肉割れ用のクリームをつけるのですが、出産後にも使い続ける理由は皮膚がたるむのを防ぐためなのですね。

皮膚のたるみを引き締める方法

たるんでしまった皮膚を引き締めるためにはいくつか方法があります。

  • 切除手術をする
  • マッサージをする
  • マタニティクリームによるケアを行う

費用は100万とかかることもあり、とても高額な方法となるのですが、美容整形外科などで行われる切除による手術もひとつの手です。メスを使って余っている皮を切り除いてしまう方法です。

ただ、皮膚にメスを入れて切りとりますので体への負担も大きく、リスクや傷跡が残ってしまうのが難点ではあります。

2つ目の方法がマッサージをすることによって血行を促進させ、新陳代謝を活発にします。新陳代謝を活発にすることでからだ全体の皮膚に必用な栄養素が送られるようになり、皮膚の機能が働き改善効果が生まれます。

3つ目の方法がマタニティクリームを使うことです。別名肉割れクリームや妊娠線クリームとも言われるのですが、肉割れを消したい人と予防用のクリームと2種類あります。たるんだ皮膚を引き締めるのであれば大事となるのは保湿効果と引き締め成分が配合されているかの2点です。

保湿をすることで肌を健康な状態にすることで皮膚の弾力性やみずみずしさがあらわれ正常な肌の状態へと改善することができます。もう一つが引き締め成分なのですが、これは説明しなくても分かるとおり皮膚を引き締める効果のある成分です。

葉酸(ようさん)などが当てはまります。

マッサージとマタニティクリームによるケアは基本的にセットで一つと考えた方がいいです。素肌にマッサージするようなのではなく、クリームを塗りながらマッサージをすることとなります。

皮膚を引き締めるクリームがおすすめ

手術に関しては高額な費用もかかるってのもありますが、傷跡やからだの負担が大きいのであまりおすすめすることはできないです。美容のトラブルとなると簡易的な手術かなと想像される人が多いですが、全く違います。

たるんでしまっている皮を切り取ってしまうわけなのでかなり大掛かりな手術となるのですね。

そのため、費用も高くなるのです。脂肪吸引やレーザーでも治ると勘違いする人もいますが、たるんだ皮膚の改善であれば切除手術となります。

その点、クリームであればからだへの負担がありません。

とくに皮膚がたるむほどの急激なダイエットとなると肉割れができている人も多いので、一石二鳥で皮膚トラブルの改善を行うことができます。

また、クリームを塗ることは美肌への効果もあるのでリスクどころかメリットでしかないのですね。ただひとつだけデメリットもあります。

それが改善するまでに時間がかかるってことです。

クリームで治すまでの期間

人によって肌の状態や体質も違うので明確な期間はありません。ただ、1ヶ月や2ヶ月で元に戻るようなことはないと考えた方がいいです。

そうならないためにも、妊婦さんたちも妊娠6ヶ月程度から出産してしばらくの間はマタニティクリームを使うのは当たり前になりつつあります。一昔前であればパソコンが復旧していないこともありボディクリームによるケアを行っていない人も多かったのですが、最近はほとんどの人が利用しています。

冒頭でも書きましたが、6ヶ月はかかると考えていた方がいいです。人によっては更にかかることもあります。とてもじゃないですが、すぐに改善できるなんて夢の方法はないのです。

使うクリームに関してはきちんと引き締め成分が配合されているのを使用した方がいいです。薬局やドラッグストアの店舗によっては2000円程度でも販売されていたりすることもあるのですが、基本的には保湿成分となります。

肌の保湿をすることで肉割れが起きないようにしているのですね。しかし、たるんだ皮膚を引き締めるのであれば、きちんと引き締め成分などが配合されているようなある程度、高いものを利用した方がいいです。

安いからと半年利用したにもかかわらず全く効き目がない。じゃあ、きちんとしたクリームに変えようと思っても更に半年かかってしまい、無駄な出費をしてしまうどころか時間がかかってしまいます。

おすすめの肉割れクリーム

たるんだ皮膚を引き締めるのにおすすめの肉割れクリームであればベルタマザークリームです。妊娠線予防クリームとして販売がされているのですが、引き締め成分である葉酸が配合されています。もちろん、保湿成分に関しても配合されています。

ベルタマザークリームは妊婦さんの間で妊娠線予防として非常に人気があるクリームです。それだけ効果があらわれている人も多く評判がいいのですね。

定価が6980円なのですが、毎月自動で送られてくる定期便を利用することで初回500円の2回目以降も4980円での価格で販売されており、送料に関しても無料となります。

確か定期購入の期間は6ヶ月程度だったと思うので試してみるには丁度いい期間だと思います。詳しくは肉割れクリームを実際に使い比べた人のサイトがあるのでそちらをご覧いただければと思います。

人気の3つのクリームを使い比べて紹介しているので分かりやすいかと思います。

肉割れクリームランキング【実際に使い比べ】

ランキングを参考にして肉割れクリームを決める

肉割れクリームは種類は様々ありますが、実際に使ってみると効き目が今いちないと評判の悪いのもあります。

上記サイトの肉割れクリームランキングで紹介されているようなのであれば、正直、どれを使っても間違いではないはずです。

クリームを選ぶポイントとしては評判の良いのを利用する!!

人によって肌質も違うので全ての人に効き目があるような魔法のクリームはありません。それであれば、できるだけ多くの人が効果を感じているようなのを利用すれば、満足できる可能性は多いはずです。

他に使って効き目がでている人がいる訳ですからね。

全く効き目がないのを選らんで後悔したくないって人であれば、無難に利用者の一番多い肉割れクリームを選ぶのがおすすめです。

SNSでもご購読できます。