ダイエットしてできたお腹のたるんだ皮が戻したい時の対策

ダイエットをするときに一番気おつけなければならないのが皮膚の皮のたるみです。

脂肪が減ったことによってお腹周りは小さくなるにもかかわらず、たるんだ皮がビロンビロンになってしまい、非常にだらしない体系に見えてしまいます。たとえ、脂肪は少なかろうが・・・。

皮がたるまないようにするためには肉割れ用などのボディクリームを使って少しづつ痩せていくことで予防を行えるのですが、すでにもうたるんだしまった人も多いはずです。

せっかく痩せたのだからきれいなボディラインに戻したいと思ったときにどんな対策をすればいいのかを紹介していきます。もうすでに皮がたるんでしまった人はご覧ください。

たるんだ皮を戻す対策

脂肪が減ったことでたるんだのですから太ることで元に戻すことはできます。しかし、そんなことは論外なので省いて紹介していきます。

最も有効的な方法としては引き締める成分などが配合したクリームを使って毎日ケアを行うことです。主に肉割れ用クリームや妊娠線用クリームとして通販などで販売がされています。肌の組織を引き締め成分や保湿成分などなどの美容成分をつけることで正常な皮膚の状態に戻すことができます。

もちろん、1ヶ月、2ヶ月で元に戻る夢の方法なんてことではありません。最低でも半年ぐらい毎日ケアを行うことでだんだんと効果があらわれてくるのです。

市販のクリームを使う人も多いですが、多くが保湿成分のみの配合となるのであまり効果を感じていない人も多いので注意が必要です。クリームを使うことではなくて、引き締める効果のある成分が配合されているかが重要となります。

次の対策としてはマッサージをすることです。

マッサージを行うことで新陳代謝を上げ、血行の流れをよくすることができます。肌に必用な成分が正常に体内を循環するようにすることでクリームと同様に肌の状態を正常に戻す効果を促します。

指圧マッサージではなく、手で円を描くように触るマッサージとなるのでクリームをつけて行うのが一般的です。何もつけずに行っても上手くお腹の皮膚上を上手く滑ったりしないので効果が薄まってしまいます。

顔のたるみから考える

顔の皮膚がたるんできたとしたならほとんどの人が美顔ローラーなどを使うようにしましょう。美顔ローラーを使ってマッサージをすることで新陳代謝を上げているのですね。

皮のたるみは少し顔のたるみなどと違い皮がビロンビロンとなっている状況なので少し変わってきますが、大きく変わりはありません。そのため、マッサージを行った対策は非常に有効となるのですね。

あくまでたとえとして美顔ローラーを出しましたが、ダイエットたるんだ皮に使う必要は全くないです。用いるクリームの成分なども異なってきますからね。

たるんだ皮は遠めで見ても非常にだらしないです。きちんとクリームを使って対策をしましょう。

SNSでもご購読できます。